平成27年度 誓いの式

今日の小林看護2015年10月27日

10月9日(金)、「平成27年度 誓いの式」を本校講堂にて行いました。
宮崎県看護協会会長 境孝子様をはじめ、臨地実習施設(6施設)の病院関係者様、在校生のご家族様が見守る中、看護師を目指す者にとって、一生に一度の式が、厳かにスタートしました。
式では、ナイチンゲール像のともしびから、学生一人ひとりが灯火を戴きながら、壇上に並び「誓いのことば」を述べました。
最後に、ご来賓のみなさまより温かいお言葉をいただき終了しました。
4月より本格的に看護師を目指し学習し始めた1期生。
入学してまだ半年しか経っていませんが、座学や学内実習(看護技術)で学ぶことはとても多く、時に共に学ぶ仲間と助け合いながら、家族・教職員に支えられながら、放課後や夏休みも日々勉強に励んでいました。
これから始まる臨地実習では更に、病院関係者や患者様・患者のご家族様のご理解やご協力を頂きながら、看護師への道を歩んでいくことと思います。
「感謝の気持ちや思いやりを忘れず」、「人命を預かる責任の重さ」を胸に、この誓いの式で新たにした気持ちを大切に、残りの2年半頑張って欲しいと思います。
151027